急でお金無いときだからこそ、キャッシングの便利さを実感します。

急にお金が必要になったならキャッシングが一番

お金が急に必要になってしまった時に役立つサービスといえばやはりキャッシングです。
昔はキャッシングというと結構抵抗がある人が多かったのですが、今はすっかり変わり、普通の会社員でも主婦でも、フリーターでも、多くの方が業種を問わずに利用するようになりました。

とはいえ、収入が全くない場合はキャッシングの審査に通りませんが、アルバイトでも収入さえあれば申し込み可能なキャッシングは多くあります。

もちろん、アルバイトの方が誰でも審査に通る保証はありませんが、安定した企業でアルバイトしていて、他社の借金がなかったり、希望借入金額が少なかったりすれば審査に通る確率があがります。
逆に収入がいくら高くても水商売の場合は難しい事もありますし、自営業の方も難しいようです。

とはいえ、自営業専用のキャッシングというのもでているので、そう悲観することもありません。
大事なのは自分にぴったりなキャッシングを見つけて申し込む事、そして信頼できる会社のキャッシングである事です。

夏のレジャーシーズンとキャッシング

夏のレジャーシーズンと言えば、一年の中でも最高に盛り上がる楽しい時期です。
家族水入らずで楽しむも良し、気の合った仲間たちと大勢で楽しむもまた良し、とにかく日頃の嫌なことなど全て忘れて、心から楽しんでリフレッシュしたいものです。

しかし、そんな時に限ってお金が足りなくて困ってしまうこともあるものです。
手持ちのお金が足りないと、せっかくのレジャーも選択肢が狭くなってしまいます。
そんな残念なことにならないようにするためにも、キャッシングを賢く活用すべきです。

平日はもちろんですが土日にもキャッシングができるところもあるのです。
消費者金融のキャッシングサービスには自動契約機が設置されているので、審査に通ることさえできればその日の内のカードを発行してもらうことも可能です。
カード発行後は併設されているATMだけでなく、コンビニに設置されているATMからでもキャッシング可能となります。

コンビニのATMからキャッシングする場合ならほぼ24時間の借入れが可能ですので、その点でも大手の消費者金融でお金を借りるメリットと言えるでしょう。
ただしキャッシングできる最低金額についてはそれぞれのATMにより異なる場合があり、1千円単位から借入れできる場合と、1万円単位での借入れとなる場合とがあるので注意が必要です。

また審査ですが、午前中の申し込んでおけばその日の内に審査をしてくれて午後にはお金を引き出せる即日キャッシングに対応している業者もあります。
注意をしておきたいのは、夕方に申し込んでも即日キャッシングが出来る可能性が低いということです。
申し込み者の審査をしたり、会社に在籍確認をしたりとすぐに審査が終わるとは限らないのです。
もし、即日キャッシングを利用しようと考えているのであれば、時間に余裕を持った申し込みが必要です。

そして、そんなキャッシングの賢い活用の極意とは、一にも二にも、決して借り過ぎないことです。
これさえ守れば大丈夫です。
そうすれば、後で返済に苦労することもなくなります。
ですからレジャーのプランを何とか実現させるために必要なお金を、必要最小限だけ借りるように徹底するのです。
ちなみにレジャーシーズンが終わってからの返済に備えて、しばらくの間は贅沢は慎むように気持ちを高めておくことも忘れないようにしましょう。

便利なキャッシングと審査について

ちょっとだけお金が必要になった時や、大きなお金が必要になった時など、どちらの時でも便利に使えるサービスといえばキャッシングです。
今や有名な女優やタレントがテレビでコマーシャルに出ていますし、すっかりお馴染みのサービスですし、大勢の方が利用しているようです。
しかも、一度審査に通ってカードさえ持てば、いつでもATMから必要な金額を引き出す事ができる利便性を持つので、一度利用すると継続して利用する方が多いようです。

とはいえ、審査があるのが怖い、と感じる方もいるようですが、実はキャッシングの審査というのはそれほそ敷居が高いわけではなく、最低限の基準を満たしていれば審査に通る可能性が高いのです。
別に高収入で一流企業のお勤めでなければいけない、などという厳しい基準があるわけではなく、アルバイトやパートの方でもOKというキャッシングが多いので、気軽に申し込みをしてみてはいかがでしょうか。
また、少なめの借り入れであれば収入証明不要なのも嬉しいところです。

キャッシングの返済の極意

生活をしていれば、予定外の出費や急にお金が必要になることはよくあることです。
そのようなときにキャッシングで急をしのぐこともあるでしょう。
ただし、キャッシングで借りたお金には利息が付きます。
利息が付くお金を借りる時には二つのことに気をつけて返済をすることが必要です。

一つ目は金利をバカにしないことです。
たとえ0.1%の違いであっても金額が大きくなればなるほど、返済期間が長くなるほど利息額の違いはびっくりするくらい大きくなります。
金利はなるべく安いキャッシング業者を選ぶことが自分の為にもなります。

二つ目はキャッシングを利用する際には必要最低限の金額を借りて、返済できる最も短期間の返済期間で返済してしまうことです。
余分のキャッシングの金額にも利息は付きますし、返済を長々としていると金利ばかりを返済することになってしまい、肝心の元本があまり減らないということになってしまいます。
無理はしなくてもいいですが、なるべく早く返済しましょう。

キャッシングの返済方法のなかで最も利息を低く抑えられるのが1回払い方式です。
借入日から返済日までの期日が総じて短いため、金利負担を低く抑えられます。
1回払いであれば金利負担を免除するサービスを実施しているキャッシング会社もあります。

キャッシングの中で最もポピュラーな方式が分割払いです。
借入時にあらかじめ決められた回数で分割して支払います。
基本的に後から分割回数を変えることは出来ないため、分割回数を多くしてしまうと、無駄な金利負担を増やすことになります。

分割払いはさらに元金均等払いと元利均等払いに分けられ、前者は初期負担が大きいものの利息負担を低く抑えられることが特徴です。
後者は毎月一定額を支払うため返済計画を立てやすい反面、利息負担が嵩むという欠点を持ちます。
近年多くのキャッシング会社が力を入れているのがリボ払いです。
リボ払いは、分割払いとは異なり支払いを一本化出来るため、支払い忘れによる事故を防げますが、元本を減らしづらいので要注意です。
そのため利用の際は、常に元本を減らすことを念頭に入れ、払えるときにしっかり払う自己管理が求められます。

キャッシングは返済日前でも返済が出来る

キャッシングで借りたお金は月々の返済日に少しずつ返していくのが一般的です。
しかし、必ずしも返済日まで待って返済を行わなくてはならないというわけではありません。
返済資金が用意出来ているのであれば、返済日前に返済することも出来るのです。
キャッシング会社によって返済日前の返済に関する扱いは違いますが、規定の返済日より2週間くらい前から返済を受け付けていることが多いようです。
返済日まで待ってから返済しても良いのですが、できれば早めに返済しておいた方が、その月の精神的な負担は軽減できると思います。

もちろん、返済資金が十分に用意出来ているなら、その月の返済だけでなく繰り上げ返済によってたくさんの元本を返してしまうのも効果的です。
繰り上げ返済をしておけば利息負担も減らすことが出来るので、返済日に捉われる必要はありません。
返済日前の返済や繰り上げ返済を行う為には返済資金の用意が不可欠ですが、毎月きちんと余裕のある返済計画を立てておけば、返済資金も貯めやすいのではないでしょうか。

キャッシングはいつでも借りられて素晴らしい

困ったときほどそのありがたみに気づくのがキャッシングという存在です。
私は予定を過ぎて残業してしまい終電を逃したときにたまに使っています。
普段通勤するだけならそんなに現金を持ち歩きませんし、クレジットカードは近場で利用可能なお店が限られているからです。

そんなときキャッシングなら24時間お金を借りられる場所がいくつもあるため、私にとって不意に訪れるトラブルをやっつけてくれる救世主のように頼もしく感じます。
特にコンビニであれば、誰かと一緒のときでもキャッシングと悟られずにお金を引き出せるから、極めて自然にお金を調達できる場所として最高なのです。

最近ではネットで手続きができたり30日無利息といった利用者側にとってお得なサービスが増えてきたから、そういった他社のものにも興味があります。
だから、カードを発行しても使わなければ何もお金が発生しませんし、もしものときのためにもう何枚か作って備えておこうと考えています。

キャッシングは金利と限度額が重要

キャッシングを利用する際に注意したいのが金利です。
金利は低いほど利用がしやすく、利息の影響も少なく済みます。
ただし金利は融資額によって変わることもあるため、借りているお金の額にも注意したいところです。

融資額も金融機関によって違うことがありますが、融資可能額と限度額は必ずしも一致するわけではないです。
同じキャッシングであっても、利用する人によって借入限度額は変わることがあります。
一般的には就いている仕事、年収などが借入限度額に影響します。
また銀行の場合は総量規制対象外なので、高額借りられる可能性は高いと言えるでしょう。

当然、サービス自体は審査に通過して初めて利用できる仕様です。
そのため人によっては審査の基準の方が重要となるかもしれません。
審査基準は年齢、仕事、勤続年数など様々です。
キャッシング会社によっては家族構成も意識して判断しています。
一度でも審査に通れば、後は自由にお金を借りることができます。

銀行と消費者金融のキャッシングの違いとは

キャッシングと言うと消費者金融からお金を借りるというイメージがある人は多いかも知れませんが、キャッシングとは金融機関からお金を借りるという意味もあるため、実は銀行でお金を借りる場合にも「キャッシングする」ということが言えるのです。
それでも銀行と消費者金融のキャッシングには利用条件や金利、その他の内容について様々な違いがあります。

銀行でお金を借りる場合には、審査が厳しいため敷居が高いと感じている人が多いように、実際に消費者金融で審査を受ける場合よりも厳しい審査結果となることが多いようです。
そのため、銀行で審査を受けて審査落ちするならば初めから消費者金融に申込みをして審査を受けた方が手っ取り早いと考える人も多いようです。

ですが銀行よりも審査が甘めの消費者金融であっても収入のない専業主婦の借入れは難しくなっています。
これは貸金業法が改正された際に総量規制という新たなルールが書き加えられ、個人の借入総額を年収の1/3以下とするという決まりができたためです。

そのために年収が0円である専業主婦の借入れは消費者金融で基本的にNGとなり、それ以降専業主婦がキャッシングを利用する場合には総量規制対象外となる銀行カードローンのみとなっているのです。

大きく3種類に分けられるキャッシング

一口にキャッシングといっても、その目的や個人法人などによっていくつかの種類に分類出来ます。
もっとも一般的なキャッシングが個人向けのものであり、限度額は多くても100万円程度であることが特徴です。
かつては店舗や無人契約機のいずれかに赴き審査を受ける必要がありましたが、近年はインターネットによる契約も可能です。
無担保で融資を受けられる一方で金利は高く、法で定められた上限ギリギリの18%前後であることがほとんどです。

もうひとつが法人向けのキャッシングです。
ローンと呼ばれることが多いこのキャッシングの特徴は個人向けより高い限度額にあり、最高で数千万円にもなります。ただし高額融資を受けられる代償として、借入希望者は連帯保証人を求められます。
最後が個人向けの不動産担保キャッシングです。
個人向けであっても不動産を担保とすることで、その担保に見合った限度額の融資を受けられます。
たとえば担保となる不動産の時価が1億円であれば8000万程度が限度額になります。
金利も無担保キャッシングに比べて安く設定されており、業者によっては金利は5%以下と低水準です。